にーたろーげ★ブログ

クラリネットと聖書

陰謀論か真実か!フェイクニュースに騙されないで

二極化する光と闇

 
こんにちは、にーたろーげ です♪

 

マスゴミの偏向報道は今に始まったことではないですが、2019年12月に中国武漢で発生したCOVID-19(新型コロナウイルス)によって、勘のいい人も、そうじゃない人も、さすがに「様子がおかしくね?」とザワつくようになりました。

 

感染者数ばかりあおるニュースに疑問をもった視聴者は、次々とテレビ新聞から離れてゆき、もっぱらYouTubeSNSを情報源にしているようです。

 

今はネットで誰でも自由に発信できる時代なので、専門家による真実に基づいた情報が得られやすい一方、収益を狙ったデマや、不確かな情報が世界中に拡散されてしまうといった危険性もはらんでいます。

 

いったい何を信じれば良いのか迷子になりそうですが、これからは、多方面から情報を入手して自ら取捨選択していくを養わなければなりませんね💦

 

 

日本メディアの情報操作

 

まずは、「どうして日本のマスメディアはウソの報道や隠蔽ばかりなのか・・・」というところから探ってみましょう。

 

既得権バームクーヘン

 

既得権益(きとくけんえき、英語vested interest)とは、ある社会集団が歴史的経緯により維持している権益(権利とそれに付随する利益)のこと。出典:既得権益 - Wikipedia 

  1. 内閣総理大臣・官邸を中心に、
  2. 官僚・財界・特殊法人
  3. 御用学者
  4. NHKメディア
  5. 有名人・文化人芸能人
  6. 地方の有力者
  7. 公務員などが連なる輪のたとえ。

参考:https://youtu.be/8iRShSOL138

 

このバームクーヘンの中心に近い人たちが示す方向性は、外側に位置する社会的集団の動向にも深く影響しています。たとえば政治家の中に親中派がいれば、メディアは中国のウイグル問題などを取り上げることができないというワケですね。

 

 

↓↓ ウイグル問題について詳しくはこちら 

www.clamusic.info

 

↓↓ 銀行にお金を預けるのが怖くなる本

日本の真相!知らないと「殺される!!」 政府・マスコミ・企業がひた隠す不都合な事実 (5) [ 船瀬 俊介 ]

価格:1,870円
(2021/3/11 13:07時点)
感想(3件)

 

海外メディアと米大統領

 

では、海外のメディアはどうでしょう?

 

↓↓ 海外メディアの一覧はこちら 

おすすめの海外メディア一覧!トレンド入手に役立つサイト21選|ferret

 

元アメリカ大統領のトランプさんは、任期中に何度もメディアに「フェイクニュース!」と叫んでいましたね。初めはただの駄々をこねてるオッサンにしか見えませんでしたが、彼の手柄によってとんでもない闇が明るみに出たのです。

 

2020年の米大統領選 

 

アメリカは、共和党(保守)と 民主党(リベラル)二大政党制です。(自由を重んじる国なので、日本やヨーロッパの保守派とは少し感覚が異なりますが・・・)

 

共和党のトランプさんは、合衆国憲法に忠実で、敬虔なクリスチャンでもあります。大統領任期中の給与をすべて国立公園局に寄付したことからも分かるように、富と名誉が目的ではない(すでに持っている)ところに真の脅威を感じます。

 

一方、民主党のバイデンさんは「認知症」を患いながらも選挙に立ち、2020大統領選で圧倒的な票を集めました。しかし蓋を開けてみると、ドミニオン集計機・郵便投票・死者?などを利用した選挙不正が明らかになり、大問題になりましたね。

 

このときのメディアはこぞってバイデン側に立ち、選挙は公正だと報じました。

 

なぜ、そこまでしてトランプに勝たなければならなかったのでしょうか?

 

これは単なる共和党 VS 民主党ではなく、世界中を侵食してきたディープ・ステイト(闇の政府)と、それを解体しようとするトランプ側との闘いだったのです。

 

ディープ・ステイト

 

「誰が戦争を望み、利を得てきたか」そこから、本当の歴史が見えてくる。ディープステートつまり世界の真の支配者の原点は、ある勢力がある時期、アメリカの重要な部分を牛耳ったことにあります。アメリカの重要な部分とはつまり、「金融」と「司法」と「メディア」です。ある勢力がまず「金融」を牛耳って、ディープステートが基盤を固めたその発端は、20世紀初頭、100年ほど前に遡ります。

出典:知ってはいけない現代史の正体 令和の時代に日本人の歴史を取り戻す SB新書 : 馬渕睦夫 | HMV&BOOKS online - 9784797399882

 

↓↓ ディープ・ステイトの正体が分かる本

知ってはいけない現代史の正体 グローバリストに歪められた「偽りの歴史」を暴く (SB新書) [ 馬渕 睦夫 ]

価格:913円
(2021/3/15 13:35時点)
感想(6件)

100年も前から企てられていた、の支配者による罪の世界。まるで聖書に出てくる「悪魔や悪霊」そのものですね。大手メディアディープ・ステイトに牛耳られているため、私たちが耳にする情報はすべて都合よく印象操作されています。

 

つまり、彼らの目的は世界征服です。

 

これはけして「遠い国のおとぎ話」ではなく、ごく身近な生活のあらゆる場面に罠が敷かれ、善良な人々が知らず知らずのうちに悪に巻き込まれてしまうという恐ろしいシステムなのです。なんだか平和ボケしていると大変なことになりそう💦

 

陰謀論とは? 

 

世界中が、COVID-192020米大統領選の報道に違和感を感じ始めたころ、ネットでは「トランプ」というワードがたくさんヒットするようになりました。

 

  • 散々叩かれていたトランプの方が、実は真のヒーローだった!
  • 誰がディープ・ステイト側で、誰がトランプ支持者なのか!
  • トランプは、歴代大統領の中で一番戦争を起こさなかった!

 

などなど。トランプさんの人気は、もはや留まるところを知りませんね。

 

しかし、あまりにトランプさんへの期待が高まったために、行き過ぎた陰謀論まで独り歩きして物議をかもしています。

 

陰謀論(いんぼうろん、conspiracy theory)または陰謀説(いんぼうせつ)とは、ある出来事や状況に対する説明のことであり、他にもっともらしい説明があるにも関わらず、邪悪で強力な集団や人物による陰謀や謀略が関与しているとするものである[2][3][4][5]。この言葉は、偏見や不十分な証拠に基づいているという否定的な意味合いを持って使用されることが多い[6]

出典:陰謀論 - Wikipedia

 

<陰謀論の例>

  • 有名人が地下で子供たちを虐待し、若返りの麻薬を作っている!
  • ハリウッドスター政治家は、すでに逮捕・処刑されている!
  • テレビに出ている有名人のほとんどはゴムマスクや影武者である!
  • COVID-19は、ビル・ゲイツが仕組んだバイオテロだ!
  • コロナワクチンには、マイクロチップが仕込まれている!
  • マイケル・ジャクソンや、マリリン・モンローは生きていた!
  • トランプ軍は、地球製のUFOを開発して宇宙人と戦っている!
  • スエズ運河で座礁したコンテナ船から、核兵器が発見された!
  • etc.

 

ははは・・・もう何がなにやら (;^_^A

 

しかし、すべてがウソであるかと問われれば、一考に値すると思います。

 

テレビを妄信して情弱のまま過ごすより、はるかに有益だからです。誰かが「真実」を「陰謀論」と言い換えることによって何かを隠蔽しいる可能性も・・・?

 

なんてね (^_-)-☆ 

 

おわりに・・・

 

いかがでしたか?

 

私はクリスチャンなので、どんなに偽りの情報がはびころうとも騙されることはありません。なぜなら、100%の的中率を誇る預言書の「聖書」があるからです。

 

 

↓↓ 携帯に便利な新改訳2017小型聖書 

聖書新改訳 小型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]

価格:3,850円
(2021/4/29 12:59時点)
感想(2件)

 

↓↓ 読みやすい新改訳2017中型聖書

聖書新改訳 中型スタンダード版(2017) 引照・注付 [ 新日本聖書刊行会 ]

価格:5,940円
(2021/3/17 16:49時点)
感想(5件)

 

もし、クリスチャンではない方が真実を知りたいと願われているなら、ぜひ聖書に基づいた社会情勢を配信している動画をご覧になることをおすすめします ♪

 

↓↓ 中川牧師の書斎から(2021/1/19収録)

www.youtube.com

 

↓↓ ごうちゃんねる(2020/10/31アップ)

www.youtube.com

 

 

聖書のみことば

~終わりの日の前兆~ マタイ  24・4~14

そこで、イエスは彼らに答えて言われた。「人に惑わされないように気を付けなさい。わたしの名を名のる者が大ぜい現れ、『私こそキリストだ』と言って、多くの人を惑わすでしょう。また、戦争のことや、戦争のうわさを聞くでしょうが、気をつけて、あわてないようしなさい。これらは必ず起こることです。しかし、終わりが来たのではありません。民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、方々にききんと地震が起こります。しかし、そのようなことはみな、産みの苦しみの初めなのです。そのとき、人々は、あなたがたを苦しいめに会わせ、殺します。また、わたしの名のために、あなたがたはすべての国の人々に憎まれます。また、そのときは、人々が大ぜいつまずき、互いに裏切り、憎み合います。また、にせ預言者が多く起こって、多くの人々を惑わします。不法がはびこるので、多くの人たちの愛は冷たくなります。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われます。この御国の福音は全世界に宣べ伝えられて、すべての国民にあかしされ、それから、終わりの日が来ます。