にーたろーげ★ブログ

クラリネットと聖書

3つの夏を楽しもう!太陽のカラバリとファッション

もうすぐ実りの秋

 

こんにちは、にーたろーげ です♪ 

 

暦ではなのに、まだ肌寒い・・・

暦ではなのに、熱中症注意・・・

 

こんなタイムラグを感じることはありませんか?イメージは先取りしたいのに、気温がついてこないんですよね。屋内の温度設定も、行く場所によってさまざま。

 

季節感体温調節を上手に取り入れられる人は、とってもオシャレに見えますね。汗っかきの私は、年がら年中「夏の格好」をしていたいくらいですが、周囲の方々に(色んな意味で)心配をかけてしまうので、冬は我慢してニットを着ます(笑)

 

日々の気温フラストレーションを解消するために、いつも参考にしている方々の知恵をお借りしました。まさに目からです!(←してません)

 

 

初夏・盛夏・晩夏 

 

ひと口に「夏」と言っても、ファッション業界ではさらに3種類の夏に区別されているんですって。 大好きなミランダかあちゃんが教えてくれました ♪

 

↓↓ 2020年7月31日の動画です

youtu.be

 

セール品を除き、夏のファッションは初夏・盛夏・晩夏の3つに分かれています。それぞれの時期によって、人の目に素敵に映る色が微妙に違うからなんですね!

 

◆初夏 GW明け~7月上旬

  • 夏の太陽が一番高くなるのは6月中旬の夏至(げし)
  • ほぼ真上から太陽が照らしているので、物がくっきりと見える
  • 外では、緑が青々と輝く季節

この時期は、涼しげに感じる色が人の目に好ましく映るようです。

ライトブルーペパーミントグリーンシャーベットオレンジ など

 

◆盛夏 7月上旬~8月上旬 

  • 太陽の光が、1年の中で一番強くなる 
  • 光が当たる部分はすごくまぶしくて、影の部分は濃くなる

コントラストが強いこの時期は、 くっきりとした原色が素敵に見えます。

緑 など、絵の具のそのままのような鮮やかな色

 

◆晩夏 8月中旬以降 

  • 秋にはちょっと早いけれど、太陽の位置がどんどん低くなる
  • 物が黄色がかって見えるようになる
  • これから迎える、実りの秋を連想

真っ白よりも、クリームがかった色の方がしっくり感じるようになります。

ぶどう色栗 など、実りの色を少しずつ取り入れていく 

 

カラーと素材を意識

 

季節に似合うカラーを取り入れたら、次は気温に合わせた素材選びが重要ですね。

 

◆インナー

 

これ、もしかしたら一番テキメンかも!

 

今までは、冬も夏も関係なくGUのキャミソールを愛用していましたが、今年の夏は暑さに耐えきれず、ついにユニクロのエアリズムに手を染めました。

 

いや~~、涼しいですな ♪

 

首のあきが広いトップスや、ひらひらの袖からインナーがのぞいてもオシャレに決まるので、ベーシックな色を何種類か持っていると重宝しますね。

 

ユニクロ UNIQLO エアリズム ブラキャミソール 全3色 下着 キャミ ブラトップ 女性 レディース 夏用下着 カップ付きキャミソール

価格:3,280円
(2020/8/30 12:11時点)
感想(1件)

◆袖の長さと素材

 

夏といえば半袖。ずーっと半袖!

 

ウデの振り袖や、たくましい肩をさらすなんて「世間さまに申し訳が立たないですから!」そう思って、長年ヨレヨレのTシャツばかり着ていました(笑)

 

しかし・・・これも今年の暑さには勝てず、ついにノースリーブへ。

 

えええっ??涼しいやん! 

 

ソデがないだけで、こんなにも体感温度が違うものか~!とビックリしました。

 

素材は、リネン(麻)がおすすめ。

洗いざらしでもオシャレだし、不思議とだらしなく見えません。もっとキチンと感を出したい場合は、襟付きノースリーブなんていかがでしょう (*^▽^*)

 

↓↓ ユニクロ リネンノースリーブシャツ

f:id:clamusic:20200830163313j:plain

 

ウデのたるみが気になる場合は、袖口があまり詰まっていない方が素敵に見えます。中のインナーを工夫して、余裕ぶっちぎりで腕を見せびらかしましょう ♪

 

おわりに・・・

 

まだまだ残暑が続きますが、素材や袖の長さを意識しながら、少しずつ秋っぽいカラーを取り入れて気分を上げたいですね。

 

水分補給も忘れずに、この夏をどうか元気にお過ごしください (*^^)v

 

 

聖書のみことば

~良いことのための計らい~ 創世記 41 ・41~43

パロはなおヨセフに言った。「さあ、私はあなたにエジプト全土を支配させよう。」そこで、パロは自分の指輪を手からはずして、それをヨセフの手にはめ、亜麻布の衣服を着せ、その首に金の首飾りを掛けた。そして、自分の第二の車に彼を乗せた。そこで人々は彼の前で「ひざまずけ」と叫んだ。こうして彼にエジプト全土を支配させた。