にーたろーげ★ブログ

クラリネットと聖書

大草原の小さな家から伝染病を学ぶ

伝染病のおはなし

 

こんにちは、にーたろーげ です♪

 

大草原の小さな家 ♪ ・・・といえば、

 

ローラの三つ編み、ふわっとしたドレスにエプロン、母さんが作った肉料理やパイなど、みんな大好きなドラマでしたね。

 

あのころ、平日の夕方5時15分から毎日再放送していましたが、当時はビデオだったので予約録画ができず、母に頼んで部活帰りに見るのが楽しみでした。

3倍録画で撮っても、大量に棚を占領するビデオテープ。手書きで「大草原」と書いたラベルが棚に整列していましたっけ。

 

劣化して見にくくなった今でも大切に保管してありますが、紛失した回をまた見たくなったので、DVDを購入しました。

 

f:id:clamusic:20200412205146j:plain

大草原の小さな家 シーズン1~3

 

まずはシーズン3まで。うわ~い!父さん母さん、ただいま !(^^)!

 

シーズン1のDisc6に、伝染病を題材にした「救われた町」というお話が収録されているのですが、チャールズ父さん町の人たち、ベイカー先生牧師さんが、どんな風に助け合ったのか、現代においても大変参考になる内容でした。

 

地域のつながりって面倒に思うこともありますが、このドラマを見ていると、ネットやSNSでは味わえない交わりがなんだか羨ましく感じますね。

 

明日、近所のじーさんに話しかけてみるかな~ (*^^)v

 

大草原の小さな家 DVD全10巻セット

価格:52,173円
(2020/4/12 21:26時点)
感想(0件)

 

 

聖書のみことば

~損失を受けたとき~  ピりピ3・7~9

しかし、私にとって得であったこのようなことをみな、私はキリストのゆえに、損と思うようになりました。それどころか、私の主であるキリスト・イエスを知っていることのすばらしさのゆえに、いっさいのことを損と思っています。私はキリストのためにすべてのものを捨てて、それらをちりあくたと思っています。それは、私には、キリストを得、また、キリストの中にある者と認められ、律法による自分の義ではなくて、キリストを信じる信仰による義、すなわち、信仰に基づいて、神から与えられる義を持つことができる、という望みがあるからです。